個性と創造力を育む

子どものためのアートクラス/ワークショップ

3歳からの18歳までの子どもがメインの、少人数制のアートクラス/ワークショップです。

ぬらし絵、クレヨンや色鉛筆のドローイング、粘土、羊毛などいろいろな素材や技法を使って、お話や詩や歌やときには動きも取り入れながら、想像力、表現力、観察力を高めます。

3〜6歳のクラスでは自由に遊びながら意思の力を育て、7〜12歳のクラスでは美しいと感じる心や感情を表現する喜びを養い、13〜18歳のクラスでは自分らしさを追求しつつさまざまなテクニックで思考の力を伸ばしていきます。

シリーズのアートクラス、単発のワークショップ、個人やグループのレッスンも可能です。

子どもだけのクラスだけでなく、大人が参加できるクラスもアレンジできます。

次回ワークショップの詳細は決まり次第こちらでお知らせします。

Gallery

以前開催したワークショップの様子をご覧いただけます。画像をクリックすると拡大します

こころね地球学校アートレッスン第4回クレイペインティング

Chiba, February 2020

2020年2月、子どもも大人も、学校に行っている子も行っていない子も、誰でも学べるフリースペース「こころね地球学校」で、第4回アートレッスンを行いました。今回は、半分粘土、半分絵のクレイペインティングで、海の生き物を作りました。ひらひら泳ぐカラフルな熱帯魚や、ゆらゆら漂うクラゲ、力強くジャンプするイルカやシャチ、かわいらしいフグやウミガメ、想像力を膨らませて作った不思議な生き物まで、美しい作品がたくさんできました。最後に鑑賞会をして、自分の作品を紹介してもらいました。

こころね地球学校アートレッスン第3回クレイモデリング

Chiba, November 2019

2019年11月、子どもも大人も、学校に行っている子も行っていない子も、誰でも学べるフリースペース「こころね地球学校」で、第3回アートレッスンを行いました。今日は子どもたちが大好きな粘土。最初に両手でちょうどいい大きさのボールを作り、目を瞑ってパスしてみました。それぞれのボールの違いに、驚きの声をあげる子どもたち。そして自分の手の大きさのボールから、大切な思い出を入れる入れ物を作りました。中に入れる思い出と、それを守ってくれるものも作りました。個性豊かな作品が出来上がり、みんな大満足!

Nisse ぬらし絵体験ワークショップ

Chiba, August 2019

2019年8月、千葉市中央区の子育て支援スペースNisseさんで、午前に幼児、午後に小学生と大人のぬらし絵ワークショップを開催しました。​「ぬれた紙に絵を描くの?!」と初めてのぬらし絵に驚きながらも、みんな自然に絵の世界に入り込んでいました。幼児さんは歌を歌ってお話を読みました。お話に出てきたフレーズを繰り返したり、描いてるものを実況中継してくれたり、みんなとっても楽しそう。小学生クラスでは、みんなで一緒にお片づけもして、最後にミニエキシビションを開催。描いた絵について一人ずつお話ししてくれました。

こころね地球学校アートレッスン第2回ドローイング

Chiba, July 2019

2019年7月、子どもも大人も、学校に行っている子も行っていない子も、誰でも学べるフリースペース「こころね地球学校」で、第2回アートレッスンを行いました。シュタイナー学校で学ぶ「フォルメン」という線描の練習をしたり、いろいろなテクニックを使ってりんごや桃やレモンを描いたり、利き手と逆の手で紙を見ないでお友達の顔を描いたり。学校では習わないドローイングにみんなおおはしゃぎ!最高に芸術的な作品がたくさんできました。最後にみんなでお気に入りの絵を飾って鑑賞会をしました。

こころね地球学校アートレッスン第1回ぬらし絵 

Chiba, May 2019

2019年7月、子どもも大人も、学校に行っている子も行っていない子も、誰でも学べるフリースペース「こころね地球学校」で、第1回アートレッスンを行いました。初回はぬらし絵です。湿らせた紙の上に絵の具をのせていく初めての技法に、子どもも大人もみんな目を輝かせていました。色が広がり、混じり合い、変化していく様子を楽しみました。筆を洗うたびに筆洗いの水が変わっていくのもおもしろかったようです。最後にみんなでプチ展覧会を開いて感想をシェアしました。

Copyright © 2020 Chinatsu Sunaga Art for Wellbeing. All rights reserved.